スカルプケアの意味とは?頭皮ケアを行う効果は?【あります】

スカルプケアという言葉を1度は耳にしたことがあると思います。

コマーシャルや雑誌の広告、駅の看板や電車の吊り広告、それだけでなくスカルプケアを売りにしたサロンやクリニックもあります。

スカルプケアの意味を理解している人は少ないです。

この記事では、スカルプケアの意味について伝えていきます。

そもそもスカルプケアの意味とは?頭皮ケアのことです

そもそもスカルプケアの意味とはどういったものなのでしょうか。

スカルプケアは、「頭皮ケア」を意味します。

従来は髪の毛を対象にしたヘアケアという言葉がよく用いられていましたが、この違いについても説明します。

スカルプケアのスカルプの意味は「頭皮」です。

ケア(保護や世話)する行為を指します。

対してヘアケアは髪の毛を対象にしたものです。

なぜ最近ヘアケアよりスカルプケアがよく使われるようになったのかと言うと、「育毛には頭皮が大切」と言う考えが浸透したからです。

スカルプケア(頭皮ケア)は、ヘアケアの基礎という根本的な考えに立ち返っているという見方もあります。

頭皮を健やかな状態に保つことにより、髪は太く、豊かで、つややかになるわけです。

そういった考えが、「美しいフサフサした髪への最短の道」と言われているので、ヘアケアからスカルプケアへと髪に対する認識が変わってきていますね。

スカルプ(頭皮)をケアすることは髪の毛を健康にするための有効な手段であるということから、盛んに叫ばれるようになってきたのではないでしょうか。

スカルプケアに効果のある製品を解説

スカルプケアを意味のあるものにするためには様々なものがあります。

それらを総称してスカルプケア製品と呼びます。

例として挙げていくと、

  • シャンプー
  • マッサージジェル
  • オイル
  • トニック
  • コンディショナー
  • トリートメント

た頭皮の汚れを落としたり、頭皮マッサージで健康な髪を保つといった製品が挙げられます。

これら以外にも頭皮に優しいドライヤー等も代表的です。

これらの製品は、頭皮の環境を考えて開発されています。

皮脂を過剰に取りすぎないモノや、毛穴に詰まった油分を除去するものなど、様々なコンセプトで開発されたものが多い傾向にあります。

スカルプケアの意味ある代表製品はスカルプシャンプー

先ほどお話ししたスカルプケア製品の中で特に代表的で広告でも盛んに宣伝されているのが、スカルプシャンプーです。

頭皮の状態のことを考えた育毛が期待できるシャンプーのことで、髪を洗うためだけのものではなく、頭皮を洗うことも考慮した製品となっています。

頭皮をいかに健康な状態に保つことができるかにポイントを置いて設計されたものが多いです。

皮脂の過剰な分泌による汚れや、頭皮自体が荒れてしまっていることを改善すると言った効果が期待できます。

いたずらに皮脂を取り除くのではなく、皮脂が持つ保湿成分をきちんと残し、頭皮を外部の刺激から守ってくれてることも考慮しているのです。

この配合は難しい点が多いため、各社は独自の方法でそれぞれその目標を達成するべく開発が行われています。

大々的なキャンペーンや広告を行って社会に提案しています。

そのため、スカルプケアは多くの場面で目にしたり耳にすることが多いのです。

オールオンスカルプの効果と購入方法は?【人気の育毛剤】

スカルプケアは注意して使わないと効果がなくなる

わざわざスカルプケア製品を使ってスカルプケアを行っても、それらを台無しにしてしまう、意味のないものにしてしまう行為があります。

  • 髪の毛が抜けるので毎日シャンプーしないこと
  • 朝シャンで手早く済ませる
  • ブラシの使用

などが挙げられます。

これらは頭皮にダメージを与えることが多いです。

わざわざ高性能のスカルプシャンプーを買っても意味のないものにしてしまいます。

スカルプケアを意味あるものとするためには、

  • シャンプー後、頭皮全体を乾かす
  • 雑菌の繁殖しにくい環境を作る
  • 整髪料をつけ過ぎない
  • 頭皮にシャンプーを残さない
  • しっかりと丁寧にすすぐ

と言ったことが挙げられます。

またぬるま湯で頭皮をいたわることも大切ですね。

スカルプケアの意味を解説-まとめ

スカルプケアは頭皮のケアを意味します。

そしてその言葉は様々な製品やサービスに使われるフレーズとなっています。

健やかな頭皮から豊かで美しい髪の毛が生えてきます。

注意して慎重に頭皮をケアしていけば、美しい髪の毛が長く保てるようになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です