【髪の毛を増やす薬】フィナステリドとミノキシジルの効果を解説!

「禿げってやっぱ女の人は嫌なのかな」「髪さえ増えればもっとモテるのに」など。

薄毛になると異性に対して積極的にいけなくなる人も少なくありません。

今の時代は、

  • フィナステリド
  • ミノキシジル

を使えば髪の毛を増やす事はできます。

諦める事などありません。

ここでは、薄毛治療に使われるフィナステリドとミノキシジルについて知りましょう。

髪の毛を増やすサポートをするフィナステリドの効果

フィナステリドを使う事で直接的に髪の毛を増やす事はできません。

しかし、フィナステリドは抜け毛の原因となるホルモンの働きを弱くする力があります。

抜け毛を促進するホルモンの生成には男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しています。

テストステロンと言われるホルモンは、通常体つきが筋肉質になったり、男らしさを作りあげる成分として体の中で大切な役割を果たしています。

しかし、体内にある5-αリダクターゼと呼ばれる還元酵素と引っ付く事で、抜け毛を促進するジヒドロテストステロンに変化します。

フィナステリドの効果としてはテストステロンと5-αリダクターゼが結びつく事を阻害する事です。

結びつく事を防ぐ事で抜け毛ホルモンのジヒドロテストステロンが作られる事がなくなります。

結果的に抜け毛予防になります。

ただし、注意点としてはフィナステリドはあくまでも抜け毛を減らす効果があるということです。

直接的に発毛を促すわけではありません。発毛を促進できる成分はミノキシジルになります。

フィナステリドで抜け毛を抑えてミノキシジルという成分で発毛させます。

また、ミノキシジルのみを使っても髪の毛は増えます。

しかし抜け毛を少なくする効果はミノキシジルにない事から、髪の毛が思うようには増えません。

フィナステリドは抜け毛を防ぐ守りの薬、ミノキシジルは発毛を促す責めの薬です。

両方を使用する事でより髪の毛を増やす事ができます。

髪の毛を増やすフィナステリドは処方してもらえる

フィナステリドの成分を配合している代表的な薬はプロペシアになります。

一般的にはプロペシアを手に入れるためには、医療機関で診察を受けて処方してもらう事になります。

薄毛治療をしている病院や、皮膚科などでも処方してもらえます。

また、現代では個人輸入代行しているお店からも、プロペシアのジェネリック薬品などを購入する事も出来ます。

しかし注意点はあります。

まず、販売されている製品が偽物である場合もあります。他にも、医療機関から薬を処方してもらうわけではありませんから、何か体調が悪くなった時にも自己責任です。

髪の毛を増やすミノキシジルタブレットの効果とは

抜け毛を少なくするフィナステリドと一緒に服用したいのがミノキシジルです。

ミノキシジルには髪の毛を増やす効果があります。髪の毛を作り出す上で非常に重要になるのが毛母細胞です。

毛母細胞が細胞分裂をしていく事で髪の毛は作られています。

つまりは毛母細胞が活発に働いてくれない事には髪の毛は思うように増えません。

重要になる点として、毛母細胞に細胞分裂する事を促している司令塔のようなな細胞の存在です。

毛乳頭細胞です。

毛乳頭細胞には成長因子を分泌する働きがあります。

成長因子には細胞分裂を活発にする力があり、分泌が多くなると毛母細胞の細胞分裂も活性化されるのです。

つまりは毛乳頭細胞が毛母細胞に対して、髪の毛を作るように指令を出している仕組みです。

しかし、毛乳頭細胞の動きが弱くなっていると要注意です。

発毛ができません。

実は毛乳頭細胞の働きが弱くなる原因として、血行不良があります。

血流が悪くなると毛乳頭細胞の働きが弱くなる事から、毛母細胞の細胞分裂もうまくできなくなります。

結果的に髪の毛が作られる事がなくなり薄毛が進行していきます。

そこで助けになるのがミノキシジルの血流促進効果です。

ミノキシジルを摂取する事で頭皮の血の流れがスムーズになります。

血の巡りが良くなると栄養素もしっかりと毛乳頭細胞に運ばれます。

栄養素が届けられると毛乳頭細胞が活発に働いて、毛母細胞の働きも強くなります。

すると髪の毛が作られる力が強くなり髪が増えていきます

髪の毛を増やすミノキシジルタブレットはクリニックで処方している

ミノキシジルの成分を含む薬としてミノキシジルタブレットがあります。

ミノキシジルタブレットはAGA などを治療しているクリニックなどで処方してもらえます。

病院によってはミノキシジルタブレットという名前で処方していないところもありますが、主な効果としては同じ薬が処方されています。

不安な場合はクリニックで聞いて確認しましょう。

ミノキシジルタブレットを個人輸入のお店から手に入れる事もできます。

しかし、気を付けるべき点があります。

クリニックで処方してもらう場合と違い、医師に相談しながら使用する事はできません。

クリニックで処方してもらう場合なら医師の診断もありますし、使ってみて体調の変化なども定期的に報告しながら服用できます。

しかし、個人輸入でミノキシジルタブレットを手に入れる場合は基本的には何かあっても自己責任です。

個人輸入のお店で購入する場合には十分な注意が必要になります。

髪の毛を増やすフィナステリドとミノキシジルを紹介-まとめ

髪の毛を増やすにはフィナステリドで抜け毛予防をして、ミノキシジルで発毛促進する事が非常に効果的です。

個人輸入で薬を手に入れる事もできますが、基本的にはAGA を治療しているクリニックなどで処方してもらう方が安全です。

本当に髪の毛を増やしたいのなら検討してみる価値は十分にありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です