子供が薄毛になった時の解決策は?【原因と対策方法を理解する】

「うちの子供禿げてるけどなんでなの?」「学校でからかわれないか心配」など。

自分の子供の髪が薄くなるといろいろな不安が出てくるものです。

子供が薄毛になる原因はストレスや病気、生活習慣などがあります。

では、それぞれ具体的にみていきましょう。

子供でもストレスが原因で薄毛になる

子供と言えば薄毛とは無縁のように思う親もいます。

しかし、実際には子供であってもストレスなどが大きくなると抜け毛が増えてしまいます。

仮に大人であっても短期間に精神的な大きなストレスを受けた際には、白髪が増えたり薄毛になる事があります。

実は子供も同じように起こるのです。また、子供と一口に言っても性格はばらばらです。

休みもない塾通いや部活動などで精神的に大きなストレスを受けてしまう子もいます。

今では離婚する家も増えていますが、夫婦仲が悪い家で育つと子供も大きなストレスを受けてしまいます。

他にも学校でいじめを受けたり、今の時代ならSNSなどを子供が頻繁に使っている事は珍しくありません。

SNSの内容が同級生に知られていじめの原因になったりする事もあるので、親も使用状況を定期的にチェックできたら理想的です。

子供の薄毛を招く抜毛癖に要注意

全ての子供に出る症状ではありませんが、大きなストレスを受けた際に自分の髪を抜いてしまう抜毛癖と言われる病気もあります。

抜毛癖は一種の自傷行為と言われています。

いずれも大きなストレスを抱えている状態ですから、子供の心が落ち着けるような環境を整えてあげる必要があります。

抜毛癖の発症率は十代が一番多いと言われています。

子供にも起こる円形脱毛症で薄毛になる

円形脱毛症は子供でも起こるものです。

頭の一部分が丸くぽっかりと穴が開いたようにそこだけ髪の毛がなくなります。

円形脱毛症に関しては原因は諸説ありますが、一番有力視されているのが自己免疫疾患です。

人間の体は外部からの侵入物に対して体を守るように免疫機能が働いています。

しかし、免疫機能に異常が起こり、自分の体の一部を異物と誤認して攻撃する事があります。

円形脱毛症の場合は、Tリンパ球が毛根を異物と捉えてしまい、攻撃をする事から起こるとされています。

攻撃は力強い事から毛根がやられてしまい、髪の毛が抜けてしまうのです。

また、アトピー体質の人は特に円形脱毛症を起こしやすい傾向にあります。

円形脱毛症を発症する人のおよそ4割の人は、本人がアトピー体質であるか、家族にアトピーの素因があると言われています。

円形脱毛症は皮膚科などの病院に行けば、塗り薬などを処方してもらえます。

継続的に治療をしていれば髪の毛は生えてきますから、根気よく薬を使う必要があります。

頭部白癬で子供の薄毛が起こる

頭部白癬はペットを飼っている家庭で起こりやすいと言われています。

動物から感染する病気です。

カビ菌が子供の皮膚に感染して起こります。

子供の頭皮をチェックしてみましょう。

薄くなっている部分に、白く粉を吹いたような物がある状態なら、頭部白癬の疑いがあります。

早急に皮膚科や小児科に行き診断を受けるようにします。

子供の薄毛つむじ禿げの原因

子供でもつむじが薄くなり、年齢の割には頭だけ年がいっているように見える子供もいます。

子供がつむじ禿げになる原因にはまず、生活習慣の乱れがあります。

食生活のバランスが取れていなかったり、ゲームのし過ぎで眼精疲労を起こして頭皮の血流が悪くなる事で起こったりします。

しっかりとバランスの取れた食事を取ったり、ゲームやスマホなどのやり過ぎには注意が必要です。

また、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が少なくなる事から、抜け毛が増える事があります。

夜更かしは良くありません。

また、子供がつむじ禿げになった時に有効なのは育毛剤です。

子供なのに育毛剤を使う事に心配になる親も少なくありません。

しかし、天然成分が配合されている育毛剤であれば基本的には問題ないです。

注意しないといけない事はミノキシジルなどを含む発毛剤は使わないようにする事です。

成人した男性が使用しないと未成年には、身体的なリスクが大きいのでやめておきましょう。

子供にも起こる薄毛牽引性脱毛症は特に女の子は注意する

特に女の子に起こりやすい薄毛の原因として牽引性脱毛症があります。

髪の毛を結んだりアレンジしたりする事が多い、女の子に起こりやすいと言われています。

髪型を整える際に髪を引っ張りさらに固定する事で、頭皮や髪の毛に過剰な負担がかかります。

結果的に負担が大きい部分が禿げてきます。

対策としては分け目を定期的に変えるなど、一か所だけに過剰に負担がかからないように工夫するといいでしょう。

薄毛の子供の解決策を紹介します-まとめ

子供が薄毛になると親としてはいろいろな事を心配してしまうものです。

大事な事は親がパニックならない事です。

子供も不安になり余計にストレスを抱えます。

子供が薄毛になる要因はいろいろありますが、いずれも親は落ち着いて対処してあげるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です